こんなに高い?水周りのリフォームで損をしないコツ

>

リフォームの移り変わり

水周りのリフォーム費用の相場

キッチンにトイレ、お風呂に洗面所と水周りと一言でいっても様々な場所があります。これらのリフォームをする場合、どのくらいの費用が必要なのでしょうか。

キッチンを移動する、または一部交換だと10~250万円とかなり差があります。これは場所や距離、また設備の移動有無によって費用が異なります。システムキッチンに交換する場合は50~100万円が相場なので、移動よりも安く済む場合もあるでしょう。

お風呂の場合は50~150万円が相場で、ほとんどの方が従来の浴槽からユニットバスに変更しています。トイレのリフォームで人気なのが和式から洋式へ変更する施工で15~60万円ほど。反対は稀ですが同じ料金相場となります。洗面台交換や全体の工事は20~50万円ほどです。

なぜ高額になりやすいのか?

水周りは15~20年ほど経年劣化が始まるので、こまめなメンテナンスが必要です。リフォームをしようと考え業者へ相談したところ、思った以上に費用がかかり断念した。リフォームの失敗談として実によく聞く話です。なぜ水周りは高額になりやすいといわれているのでしょうか。

いくつかの理由が考えられるのですが、まず水周りはモデルやグレードが数多く存在するので知らない内に高いグレードを選択し高額になっている可能性があります。また業者へ相談している際に最新の設備を見ていると「暮らしが楽になるかも。」「どうせなら新しいものが良い。」とアレコレ設備を追加している内に高額になっているかも知れません。

その点は予算と相談して財布のヒモを緩めない様にして下さい。


この記事をシェアする