こんなに高い?水周りのリフォームで損をしないコツ

>

どうすればリフォームを安く出来るの?

セットプランを利用する

出来るだけリフォーム費用を安くしたい。この場合複数のセットプラン施工で安くなるケースもあります。

セットプランの内容に関してはリフォーム業者によって違いますが、水周りの場合はキッチン・お風呂・トイレ・洗面所から3・4点セットを選択するのがほとんどです。人件費のカットはもちろんですが、養生費や仕入れに掛かる費用もまとめてなので安くなるのが特徴です。

但し単体での施工よりも、複数リフォームを行うので施工期間が長くなります。水周りは生活を送る際に必要不可欠なので、施工中は別の場所で生活となり別途費用が発生する事を忘れないで下さい。とはいっても別の場所で生活する費用を合わせてもセットプランの方が安い事もありますので、まずは業者としっかりと打ち合わせを行いましょう。

交渉の危険性

大きな買い物をする時に交渉はとても有効な手段ですが、オールマイティーに使える訳ではありません。リフォームに関してもいえる事ですが、施工には設備にかかる費用や部材費だけでは無く工賃を含む様々な費用が発生します。

それを原価だけで施工しようと交渉すると、職人からは「自分達の技術(施工)がないがしろにされている。」と思われても仕方ありません。当然心情が悪くなり、施工にも響くので無理な交渉はNGです。

また普段からリフォーム施工を依頼しているのであれば、多少の融通は効きますが一見さんからの交渉ほど面倒なものはありません。よってリフォームを行う際の交渉は「消費税分安くなればいい。」くらいの気持ちで持ちかける事が大切です。


この記事をシェアする